行政書士、社会保険労務士について HOME > カテゴリー [離婚 ]









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

養育費と離婚 

養育費と離婚

子供が小さいときに離婚する場合も多いので、

通常は「成人に達するまで」あるいは「満20歳に達するまで」と定めます。
[ 2009/07/09 14:45 ] 離婚 | TB(0) | CM(0)

離婚と養育費 

離婚と養育費

特に養育費は、毎月いくら支払わなければならないという

ルールはありませんが、母親が監護者となり、

夫から受け取る養育費は、子供が一人の場合も

二人の場合も4万円~6万円が多いようです。
[ 2009/07/08 09:01 ] 離婚 | TB(0) | CM(0)

養育費 

養育費

離婚した親は双方とも子を扶養する義務を負います

(民法877条1項)子供が父母から経済的な

援助を受けずに生活できるまで、

子供を養わなければなりません。
[ 2009/07/07 11:39 ] 離婚 | TB(0) | CM(0)

慰謝料と離婚 

例えば、慰謝料を請求する側は

「相手が許せない、慰謝料を請求するのは当然!!」

一方、請求される側は「慰謝料を支払う根拠が自分のどこにあるか?」

と怒り出す。こういったものが、「性格不一致」「愛情の喪失」

「他の親族との折り合いが悪い」などを理由とする離婚です。

家庭内の事情や家庭内での口論、感情対立等は証拠がないのが一般的で、

明確な有責の離婚原因がない場合の慰謝料請求は、

請求できても証明して認めてもらうのは結構大変かと思います。
[ 2009/07/06 13:36 ] 離婚 | TB(0) | CM(0)

離婚と慰謝料 

慰謝料

精神的苦痛や肉体的苦痛を被った場合に

支払われる損害賠償を「慰謝料」といいます。

配偶者の不貞、暴力、生活費不払い、

性行為の拒否不能等があり、

民法709条に定める故意・過失という

不法行為成立要件が必要となります。
[ 2009/07/05 11:35 ] 離婚 | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。