行政書士、社会保険労務士について HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 内容証明郵便 > 内容証明郵便という形式









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

内容証明郵便という形式 

内容証明郵便という形式


内容証明郵便という形式を取ることによって、

文書内容にもよりますが、決意や真剣な態度、

こちら側の主張を明確に伝えることができます。


「連絡が取れない」「支払が怠っている」等、

交渉が困難なときや停滞しているときに、

交渉を進展させるきっかけに

なることもあるかもしれません。

・証拠作りと相手の出方を伺う


 金銭消費貸借契約書を作成していない場合等、

親しい友人等の仲ではよくあること。


 何回も電話等で請求したりしても、

返済してくれず証拠もないため、

裁判等で訴えにくいということもあります。


内容証明郵便を送り、証拠を作っておくのも方法です。

ここで、相手が「返済を待ってくれ」「○日以内に返す」等という、

行動を起こした場合は、債務を認めた証拠として利用できます。


また、場合にもよりますが、あなたが50万円を貸したとして、

内容証明では70万円で請求するのも方法かもしれません。


そこで、相手が「自分が借りたのは50万円」

という反論があれば、そこで債務を認めたことになります。

スポンサーサイト
[ 2009/06/29 15:11 ] 内容証明郵便 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyouseishosi33.blog19.fc2.com/tb.php/421-e4d54ee5





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。