行政書士、社会保険労務士について HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 合同会社設立 LLC設立 > 会社設立にあたって









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

会社設立にあたって 

会社設立にあたって

会社の責任
個人事業の場合は、万一事業に失敗した場合、全ての財産を失うことになります。これを無限責任といいます。それに比べて、株式会社・合同会社(LLC)・有限責任事業組合(LLP)の場合は、出資した金額の範囲内でしか責任を負わないため、安心して出資できると思われます。これを有限責任といいます。

■会社の信用  株式会社等にすることで、信用度が上がります。「融資等の資金調達がしやすい」・「お客様や取引先との信用度アップ」・「将来事業の継続ができる」等のメリットがあります。
 既存のお客様が会社化することでいつもより余計に物を買ってくれるわけではありませんが、例えばインターネット等の顔の見えない場合ですと、会社化しておくことで信用が上がるかもしれません。
 さらに資金調達においても個人では担保能力だけで判断されたとしても、会社組織の場合であれば「代表者の資質や会社の将来性」「現在の事業内容」「今後の事業内容等色々な視点と角度から判断」され個人では借り入れできなかったものが、法人にして借り入れが可能になる場合もあると思います。

■会社の税金  個人事業主の場合は超過累進税という制度のため、所得税と住民税を合わせると最高で税率が50パーセントになります。
 会社の場合だと原則30パーセントでの均一の課税のため、事業税を含めても約41パーセントで済みます。
 個人事業主と比べると利益が高くなる場合は会社のほうが税率面では有利です。また、経費として認められる範囲が広くなります。
 年間の総所得が一定の額を超えると、個人事業主よりも有利になります。

スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyouseishosi33.blog19.fc2.com/tb.php/416-3d9cda4e





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。