行政書士、社会保険労務士について HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 内容証明郵便 > どの様な場合に内容証明が有効か?









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

どの様な場合に内容証明が有効か? 

どの様な場合に内容証明が有効か?

具体的には下記の場合に有効です。
・ 貸したお金が返ってこない
・ 悪徳商法等のクーリングオフ、契約解除
・ 売買契約による契約解除
・ 解雇予告金をもらえない
・ 給与が支払われない
・ 敷金が返ってこない
・ ケガをさせられた(損害賠償請求、慰謝料請求)
・ 時効の援用
・ 養育費、慰謝料を支払ってもらない
・ 配偶者の浮気相手に慰謝料請求したい
・ 配偶者の浮気相手に止めるように警告したい 等々

スポンサーサイト
[ 2009/06/04 11:46 ] 内容証明郵便 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyouseishosi33.blog19.fc2.com/tb.php/414-8378d830





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。