行政書士、社会保険労務士について HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 内容証明郵便 > 内容証明郵便









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

内容証明郵便 

内容証明郵便とは?


内容証明は自分で作ってもいいですし、行政書士も作成可能です。

この内容証明郵便というのは差し出す側が同じ書類を3通作成し1通は自分で保管、1通は相手方へ郵送、1通は郵便局に残します。普通郵便は1通だけ作成してそのまま相手方に郵送します。

普通郵便と何が違うかというと郵便局の窓口に持って行ったときに窓口の方が郵送する書類の中身まで確認してくれます。そして、「書類内容」と「出した日」を郵便局が証明してくれます。
ですが、これだけだと相手が書類を受け取ってもらえたかどうかまでは確認できません。この内容証明を送るときには、「配達証明」というものをつけることが一般となっています。配達証明は郵便局が相手方に配達した日を証明してくれ差出人に通知が来ます。

普通郵便よりも証拠能力が強く重要な事柄を相手に伝える手段としては有効な手段です。


スポンサーサイト
[ 2009/05/11 00:34 ] 内容証明郵便 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyouseishosi33.blog19.fc2.com/tb.php/386-e063aaaf





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。