行政書士、社会保険労務士について HOME > 月別アーカイブ [ 2009年04月 ]









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

公正役場とは? 

公証人が業務を行っている場所を公証役場といい、公証役場は全国に約300ヶ所存在しております。

公正証書を作成する際には公証役場で作成を行い、公証役場では公正証書作成の他に私文書の認証、確定日付の付与等を行っています。

公正証書は公証役場に出頭し作成することが原則ですが、土日祝日や夜間等は業務を行っていませんので、平日の日中に公証役場へ出向き公正証書を作成することになります。

また、平日の日中に公証役場へ出向くことが困難なお客様や、相手方と会いたくないお客様も多くいらっしゃると思います。

行政書士は公正証書作成の際、お客様に代わって公証役場への代理人出頭や、お近くに公証役場がないお客様につきましても、対応可能ですのでお気軽にご相談ください。
スポンサーサイト
[ 2009/04/12 13:05 ] 公正証書 | TB(0) | CM(0)

公正証書とは? 

私たちは日常生活の中で他人と契約をすることがあります。

そして、この契約は契約書を作成せずに口約束であっても契約は成立します。


しかし、ときには契約内容が守られずにトラブルになることも珍しくなく、

トラブルに発展するケースも多く見受けられます。

口約束では証拠も残らず契約内容も不明確であり、

契約書を作成した場合でも相手が約束した金銭を支払わないときは、

裁判手続きが必要となってしまいます。



公正証書とは公証役場という公の機関で、

公証人という公務員が作成する書類をいいます。

この公正証書は私人同士が作成する書類よりも証明力が高く、

裁判抜きに公正証書に基づいて強制執行が可能です。


公正証書は契約書を作成するよりも、時間と手間、費用がかかりますが、

それ以上に後のトラブルを事前に予防しておくが可能になり、

金銭支払いの約束であれば強制執行ができますので、

契約書の作成、離婚、遺言等の場合にはできる限り

公正証書を作成しておくことをお勧め致します。


行政書士公正証書の文案作成や公証役場への

代理人出頭のお手伝いが可能ですので、お気軽にご相談ください。
[ 2009/04/11 11:47 ] 公正証書 | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。